山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
栗について

食用で国内最古のクリ出土!!~栗は昔から愛されていた~

みなさんこんばんは^^

遅くなりましたが新年おめでとうございます。

今年も栗つくりに励みますのでどうぞよろしくお願いします。

今日の山口市は雪でした午前中は積もっていましたが段々と溶けていきました。明日も雪が積もっている可能性があるようなので要注意です。

さて、年末に新聞にでていたのですが食用で国内最古のクリが出土したようです。場所は長野県上松町にある縄文時代の「お宮の森裏遺跡」の竪穴住居跡から発掘されたようです。

食用としては国内最古で、クリの実は原型をとどめている縦横約1センチのクリの実2個とかけら多数でクリの実は剥かれた状態だったようです。

昔から食用として栗があったというのは知っていましたがずいぶん昔からなんですね。さらに栗を栽培していたというのも昔知りましてこれもすごいことだと思っていました。

クリに興味がある私としてはぜひ一度拝見してみたいところです。

写真は検索すれば出てくるので検索して調べてもらったらと思います。

栗山に栗の皮は捨てることはよくありますが剥いた栗の実を捨てることはほとんどないのでどういったことが起きてこの栗の実が残っていったのかそれを考えると浪漫が広がっていきます。

落ちて食べれなくなったのかな~でも洗えば食べれるしな。

それとも子供が後で食べようと隠してそのままになったのかな~。

等々どうでもいいことを考えてしまいました。今年もこんな感じではありますがスローペースで行きたいと思います。

皆様よろしくお願いします。

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

重陽(ちょうよう)の節句って知っていますか?

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇り時々晴れの天気でした。気温がぐっと下がっていきなり秋のような季節になった感じがします。

気温の寒暖が激しいので体調管理には十分気を付けないといけないですね。

それはそうと台風12号が発生しましたね。しかも進路がとてもとても恐ろしいことに山口県に向かってくるようです。このままでは早生の栗が被害にあってしまいます。昨年も8月末に台風が来ていますがその時には思ったよりも被害がなかった記憶がありますが、今回も被害が最小限であることを祈っています。

さて、今回はみなさんんは重陽(ちょうよう)の節句ってご存知ですか?

私は今回初めて知りました。少し調べてみますと

9月9日は五節句のひとつの重陽の節句といわれています。この5節句とはなんどや?という話になるのですが、

五節句とは、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)をいい、1月7日の人日の節句(七草粥)、3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句をさすとのことです。

そしてこの9月9日の重陽の節句は昔は五節句を締めくくる行事としてもっとも盛んだったようですが、近年は新暦に合わすと季節がずれるので行事としては下火になったようです。

この重陽の節句は旧暦9月9日は現在の10月中旬にあたるときで重陽の節句では菊の花を用いてお祝いをしているようです。

そしてなんとこの重陽の節句ではありますが、ななななんと、昔は庶民の間ではこの重陽の節句の時には栗ごはんを食べていたとのことです。

これにはびっくりです。

この節句は我が家ではやらないといけないと思いました。栗ごはんなどを栗のつくものを9月9日に食べる。いいですよね~。

この時期には栗の早生が取れている時期なのでお祭りできますよ~。

旧暦でやるのがいいのか現在の日にちでやるのがいいのか迷うところですが我が家的には両方でやりたいところですね~。

wpid-P_20141005_191415.jpg

 

栗ご飯たべた~い。

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

つわの栗が頑張っています!! ふるさと名物応援宣言

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇りの天気でした。今日は山間部に行くことがあったのですが、昨日に雪が降ったために道路こそ雪はありませんでしたが、田んぼや家の屋根には場所によっては雪が残っていました。

これからの先の天気はどうなるのかな~。この冬はある程度寒くなるのかな?それとも暖冬でいっちゃうのでしょうか?個人的には暖冬のほうがいいのですがこればっかしはわかりませんね^^

さて、つわの栗が頑張っています!昨日の新聞を読んでいると発見しました。

島根県津和野市の町長らが特産品の「つわの栗」を増産し、町の振興につなげていこうと、「ふるさと名物応援宣言」をした。とありました。

この宣言って8月に施行された改正地域資源法で自治体が宣言をすると、売り上げ増や雇用拡大などにつながる事業に対して、国や県が補助金などで優先的に支援する制度のようです。

なんかすごい制度があるんですね。これは知りませんでした。でもこんな制度を活用しない手はないですよね。

つわの栗はピーク時には100トン以上だったのが昨年度が13トンと減少しているので5年かけて30トンを目指すそうです。

なんかこういった積極的な取り組みをする自治体いいですよね~。

厚保でもこういった取り組みってどうなんでしょう?これから先々を考えると積極的にこういったことを行ったほうがいいのかもしれませんね。

「厚保くり」と「つわの栗」と「がんね栗」ともに距離が近い地域なのでさしずめ栗の三国志ですな~。

私も負けてはいられないですね^^

 

P_20151025_124739_R

このつわの栗のマークがいいです。私もなんか作りたいです!

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

栗を使ってアラフォーの男のダイエットそして効果あり?

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇り時々雨の天気でした。今日は気温も低くて雪が降る野ではないかと思うような天気でした。明日は山間部では雪が降るかもしれないといっていました。ということは明日はさらに寒くなるということですね。寒さ対策をしておかないといけません。

さて、私の体は服をきているとそうでもないようなのですがおなかでています。脱いだらすごい体ですw
そんな私もダイエットしないといけないのですが間食もしますしおなかがへこむ日もまだまだ先の話になります。

そんなダイエットなのですが、こんな記事を見つけました。

秋の味覚「栗」が40男のダイエットに効果アリ!?

この記事によりますと栗はナッツ類の中でも脂肪分が約100分の1という少なさで、食物繊維も豊富で血糖値を一定に保ってくれるという優秀な食材だそうです。

そして栗でも中国産の栗(天津甘栗に使われる栗)よりも日本産の栗のほうがカロリーも少なくおすすめのようです。
さらに食べ方ですがゆで栗を食べるのがベスト!

ただし炭水化物(お米、パン)やケーキなどと一緒にとることはNG。まぁ確かにそれはごもっともです。

そして最後にアドバイザーからの一言として
アルコール摂取量が多く、中性脂肪の値が正常値を超えてしますという人は、日中の間食を栗に変えてみてくださいとのこと。

まさにこの一言私にドンピシャです。
ただこの記事が11月20日に書かれた記事なので栗のシーズンが終わっているのが残念です。我が家でも調理用で少し残っている程度なのでそんなに頻繁に栗が食べれないです。

しかしこの記事勉強になりました。栗はダイエットにもなる。来年の秋はみなさん間食は栗にしましょう!!w

 

P_20151028_221721_R

渋皮煮はダメかな~。

記事の参考先はR25というサイトになります。サイトはこちら

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

栗は太陽が大好きな果樹です。

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れから曇りの天気になってきています。台風が近づいているので深夜から風や雨になるのでしょうね。現在のところは風も雨もほとんどなく台風をもろには感じないです。

台風のコースが東にずれたので山口県直撃はなくなりましたが他の地域では台風が直撃するところもありますので被害がないことを祈ります。

さて、栗は太陽が大好きな果樹になります。基本的に日が当たるところにしか栗の実がならないといわれているからです。

ですから、栗の木の間隔は密集しない程度に上手に間隔を開けないといけません。ですが、栗を植えるときには簡単に説明しますと3本を川みたいな線を描いたとしてその線に栗の木を植えていきます。そうして何年か経って成木になる少し前ぐらいになると3本川の字になっている栗の木の真ん中の木を切って2本にするのです。

なぜ最初から2本にしないのかという疑問がでてきます。栗の木は成木になるまでに結構枯れやすいのです。ですから保険の意味もこめて3本を植えていると思います。

栗の木を横にいっぱいに伸ばせばその分太陽の光がいっぱい浴びる面積がふえますのでたくさんの大きな栗の実がつくというわけです。

本当に日の当たるところが好きなのか段々になっているところで栗の木を上からとってみました。

IMG_3407_R

じゃーん栗の木の上に栗のイガがいっぱいあります~~^^

太陽の日があるところに栗あり。これが全部ちゃんとなると結構な量になりますね。

IMG_3405_R

もうすこしズームしてとってみました。いつもは下からしか栗を見ることがないのであまり意識していなかったですが上から見るとこんなに栗の実があるんですね。

いまから自然に摘実があるとは思いますがそれにしてもこんなにたくさんなっているとは。

このままいけば豊作ですね。でも今夜の台風がどの程度影響がでるか心配です。

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

栗って丹波地方から地方へ日本クリ在来種は拡がっていった?

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇り時々雨の天気でした。雨が降ると窓が開けれないので部屋のなかが蒸してきて暑いです。夜になれば涼しくなるので過ごしやすいですが昼間はちょっときついかな~って感じです。

これが夏になればもっと大変なんですけどねw

さて、インターネットで栗に関するニュースを検索しているとなんと

「栗の在来種 丹波が“生みの親” 農研機構・果樹研究所」という記事がありました。これで気が付いたのですが、農研機構というのがあるんだということをまず知りました。いろんなところにアンテナを立てているつもりでしたがまだまだ知らないことがたくさんあるんだな~っと思いました。

こういった出会い。とても感動します。しかもこの農研機構さんは研究内容がとても濃いです。今後じっくり覗いてみたいと思います。

さて話はそれましたが簡単にいうと

近畿圏の丹波地域から地方に在来品種が広がっていったのではないかという仮説のもいろんな品種の栗のDNAなどを調べて調査を行ったようです。

その結果、栗の中には丹波地域が混じっている栗とそうでない栗が分かれましたが、混じっている栗の種類も多いので丹波地方から栗が地方に広がったという。また丹波から地方に伝わるだけでなく、地方から丹波に伝わったと推定できる品種もあり、丹波を中心に全国に品種が往来していたようです。

なぜ丹波なのかといいますと文献上最も古い栽培の記録をもつクリの産地は大阪、兵庫、京都の3府県が境界を接する丹波地方で、この地域で栽培されるクリは『丹波栗』と総称され、大果であることで知られていました。クリに品種の概念が成立したのは江戸時代以降と推定されていますが、この頃から優良なクリが丹波地域から全国に持ち運ばれ、栽培が広がったものと考えられています。しかしながら、個々の在来品種の詳細な記録は少なく、この仮説の検証は不十分でした。これを今回検証してみたようです。(一部農研さんから抜粋しています)

今後はこういった調査を参考にしてより強い品種を開発していくようです。

農研さんすごいですね。これからも勉強させてもらいます♪

農研機構 果樹研究所 プレス→ニホングリ在来品種の遺伝的関係をDNA解析により検証

IMG_3445_R

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

折り紙で栗の箸置きを作ってみました^^

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は雨のち晴れの天気になりました。先日ブログに書いたワラビですが、昨年のブログの記事をみてみると4月1日には少しだけですがワラビを収穫していますね。さらにその1週間後には土筆やワラビ等収穫できるようになっています。ほんとあと少しですね。

さて、今回は栗に関する話題を探していましたら、こんなところを見つけました。

 

折り紙箸置きです。これを見つけたからには栗生産者としては作らないわけにはいかないですね^^

この箸置き用の折り紙の大きさは10cmと通常販売されている標準的な折り紙よりは小さい折り紙を使用するようです。

しかし、我が家には今は通常の折り紙しかないので今回は通常の折り紙を使用して作成してみました。

動画なので非常にわかりやすくて、わかりにくかったところはもどって何度でも見ることができるのでとてもいいですね。

折り紙は私はあまりやったことがないので今回うまくできなかったような気がします。でもいいんです。自分がつくった栗の箸置きならば許せますw

でも、やっていくうちに折り紙の世界も楽しいかもと思いました。これからちょくちょく折り紙をおって遊ぶかもしれません。

ちなみに私がつくった栗の箸置きはこちらです。

IMG_2912_R

いかがなものでしょうか?いろも本当はこげ茶色を使いたかったのですが、その色がなかったので鼠色になりました。

紙で簡単につくれるので何かの際にちょっと作って箸置きとして実際に使ってみたいなと思いました。

ちなみに今日はお昼の食べたところも箸置きは折り紙で鶴を作ってそれを箸置きとして使用していました。こんなちょっとのことですが、そんなところに感動してしまいました^^

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

 

山口県岩国市の岸根(がんね)栗が「やまぐちブランド」に登録されました!!

みなさんこんばんは^^

今日は曇りのち雨の天気になりました。昨日はフットサルの大会に出場して、久々にスポーツというものをしてきました。ちょっと本気になってやったばっかりに今日は体が、特に足がもう筋肉痛を通り越しての痛さで床に座り込んだりするのがとてもとても大変な一日でした。明日はもっとひどくなると思うと気が滅入ります 🙁

さて、今日は11月6日(木)に山口県岩国市の岸根(がんね)栗が山口県産の統一ブランドの「やまぐちブランド」に認定されたとのことです。

以前にも紹介しましたが岸根栗は岩国地域で発生した品種でありまして、とても大きな品種で晩生(遅い時期になる)タイプです。岸根栗は私の農園でも育てています。ちょうど我が家の食卓に栗が並びますがそれが岸根栗を使っています。後他の品種でいいますと石鎚という品種も晩生タイプで、晩生の栗はこの二つがメインで我が家では育てています。

過去記事→何もしなかったのですが、一つの目標が達成されました。稲田栗農園

そんな岸根栗、やまぐちブランドに登録されたというのを見まして、山口県内の二つの有名な産地、岸根と厚保が登録されましたのでうれしい限りです。いまからどんどん山口県の栗を広げていけたらいいな~とまたまた勝手に思っています。

3ded415ba8e90f71e97b26881fb9dc31

お互いまだ始まったばかりです。これからがどのようにブランドを広げていくかがとても重要になっていきますよね。これからも勉強していかないといけません。さて栗シーズンは終わりになりますが忙しくなりますよ~。

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ
 

早生の栗と晩生の栗 甘いのはどっち?

みなさんこんばんは^^

昨日はミラクルムーンということでお月を見ていました。そして、今日はなにもないのですがお月様をみていました。とてもきれいでやる気がでてきます^^

さて、栗のシーズンは終わったのですが、栗の本当の美味しさは実は今からです。以前紹介しました栗の甘みを引き出す方法としてブログを書いています。

栗の甘さを引き出す方法(ためしてガッテンで放送された方法)備忘録

こちらの中で

栗を甘くする方法は?
栗を0度で貯蔵すると、中の糖分は、3日で2倍、30日で最高の4倍まで上昇します。ご家庭では、冷蔵庫のチルド室に、乾燥をふせぐためにポリ袋に入れて保存するのがおすすめです。(ためしてガッテン)

ということでお話をしています。私も実際に冷蔵庫(2度程度)で2週間程度寝かしていました。その栗を今回茹でてみましたよ。

 

IMG_3853_R

IMG_3854_R

見えにくいのですが茹でてしばらくたっても乾燥することなく蜜らしきものがでてきています。甘みがどのくらい増したのかはわかりませんが、かなりの甘さになっていました。美味しいので何個も食べてしまいました。

私の経験上いつも思うのですが、甘みだけでいけば早生よりも晩生の方が糖度は高いような気がします。無論品種の違いもあるのでしょうから、早生晩生と甘さの区別をつけるのはいけないことなのかもしれません。

栗の品種の違いから甘さ等がわかるようになりたいものです。来年の目標としてはこの甘さの違いを研究してみたいと思っています。ただ収穫してすぐに食べてみておいしい栗ができるのが一番ですね。日々がんばるしかありません。

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ
 

 

 

今年もとれましたジャンボ栗「厚保5号」です。稲田栗農園

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇りの天気です。朝は霧が濃く高速道路は一時通行止めになっていました。霧がでるのは久しぶりなような気がします。

さて、栗ももうそろそろ終わりが近づいています。稲田栗農園ももうまとまった収穫は終わりです。散発的に栗が落ちている感じになりますので栗拾いのモチベーションは落ちてきます。ただこの時期の栗は甘さもしっかりしているので拾っていきたいと思います。

昨年も拾ったのですが、稲田栗農園では本数はとてもすくないのですが、厚保5号という品種を植えています。この厚保5号は何が特徴なのかといいますととにかく大きさが半端なく大きいということです。

昨年も収穫してブログの記事として掲載をしています。過去記事→厚保栗は大きかった(^◇^)

今年も厚保5号が収穫できました。そして昨年より数も若干多く収穫することができました。他の栗との比較ができるように写真をとっていますのでちょっと掲載してみます。

atu5_R

じゃん!左の下にあるのが厚保5号です。メジャーの数値からみて見ると、なんと7cmはあります。この大きさは規格外の大きさです。

稲田栗農園では割と大きな栗が収穫できるのですがこの栗はあきらかに群を抜いています。そして重さは75gと通常の栗の倍の重さがあります。まさに化け物のような栗です。

ただこの栗はまだ改良中で欠点があります。それは虫がつきやすいことです。やはり虫も大きいのについている方が食べ物には困らないですよね。

将来的にはこの厚保5号がどこまで進化していくのが楽しみです。厚保5号、ぽろたん等々興味のある栗の品種がたくさんあります。

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ