山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
栗作業

2018年8月中旬(平成30年)いなだ栗農園の様子。

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でした。先週にダブル台風がやってきたのですが山口県を挟むように通過。山口県は特に強い風等もなく何事もありませんでした。

この台風で困ったのは雨が山口県に持ってこなかったということでした。今年の夏は雨が本当に少なく栗も相当なダメージを受けている感じがしています。

そして野菜等の農家さんも雨が降ってないのでいつも苦労をしていると思いますのでここで雨が欲しいところです。

さてそんな状況の中ですが栗の様子です。

早生の栗の写真です。かなり大きくなってきています。早ければ8月末には落ちるのではないでしょうか。となるとだいたい昨年と同じくらいの調子で落ちてくると予想できます。

 

これからの天気にもよりますが無事に栗が落ちてくれるといいですね。

ここらで雨が欲しいところですが栗山でやらないといけない作業も溜まっているので雨が続くと困るけど・・・。

とにかく初栗を楽しみにまっています!!

 

 
もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

栗の接ぎ木は調子がいいのですが・・・。

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でした。気が付いたらもう5月あっという間でした。本当に月日が経つのが早く感じています。なかなか計画通りに事が運んでいないので少し焦ってはいるところですが、このちょうどいい気温がそんな焦りをまったりとさせてくれています。

リラックスが必要ですね。気分転換をきっちりとしていきたいと思います。

さて、例年3月、4月になりますが栗の木で接ぎ木という作業をしています。これを行うことで通常の栗を育てていくよりも短期間で栗を収穫できるまた、ちゃんとした品種の栗の木が成長するなどメリットが多々ある接ぎ木ですが、今回実家の庭に試験的に自家栽培(栗の実から育てています)の栗を作っていますがこちらにこの4月に接ぎ木をしてみました。

家の庭に植えている栗なので本来なら肥料などやってきちんと管理して大きくするのですがほぼ放置しているのでそんなに幹は太くなっていませんでしたが接ぎ木には十分できると判断したために行いました。

そんな接ぎ木の木ですが芽がふいています。

とってもいい感じに芽が出てきて順調そのものの状態です。

接ぎ木したものは今のところはすべて芽が出てきています。

家の庭の接ぎ木はこんなにうまくいくのになぜ栗山の接ぎ木はうまくいかないことがおおいのでしょうか・・・。

いろんな要素が考えられるのですが、さらなる腕を磨いていかないといけないですね^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

平成28年3月21日 稲田栗農園の様子 もう春ですね~

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でしたが風は冷たく感じて少し寒さが戻った感じですが、桜も場所によっては咲き始めています。来週には桜が楽しめそうですね。

さて、少し前のお話になりますが栗山で作業を報告します。まぁいつも言ってはいますが毎年同じことの繰り返しなので報告は同じことが多いです。

今回は何をしてきたかといいますと栗の苗を植えてきました。この苗植えですが地味な作業で簡単そうに感じますが意外と体力使います。まずは栗の苗を植えるところを探すので山全体をあるくことになるので、スコップやら苗やら道具を持って歩くために、これで体力を奪われます。

次に植える場所を見つけたら穴をあける作業。これもあたりだと何の問題もなく掘れるのですが、掘っていく間に石とか木の根っこがあるともう大変です。穴に入っている石を除けたり、根っこを切断したりとなかなかこれが大変な作業になります。

まぁそうはいっても慣れてくるとそうでもなくなるのが不思議ですね。ランニングと同じ感覚なのでしょうか。最初はつらいけど慣れてくるとある程度は体が動くようになる。そんな感じではないでしょうか。

IMG_4718_R

この日は雲一つないいい天気でした。気温もちょうどよく体を動かすにはもってこいの天気でした。

 

IMG_4720_R

栗の枝から出てきている芽ですこれを見る限りはまだまだですがしっかりと充電しています。これからが楽しみですね。

 

IMG_4721_R

ちなみにピンボケではありますがタラの芽です。こちらに関してもまだまだ芽が出てきそうにないですね。もう少し先になりますね。

 

IMG_4723_R

こちらが春を感じさせる出来事です。なんと木の枝に虫が発生しています。刺されると皮膚がかぶれていたいので即駆除しました。冬だからといって素手で木を触ると大変なことになります。気を付けましょう。

 

IMG_4725_R

今回はこのスコップの登場です。通常は柄が木でできているのが多いのですが、これに関しては鉄?ブリキ?よくわかりませんがこちらを使用します。お値段がなんと350円程度で購入したというのですからすごい安い買い物です。その分耐久性がどうなのか心配ではありますが・・。

それと写真を撮り忘れましたが鍬をしようしています。

 

IMG_4726_R

今回植える栗の苗になります。品種についてですが、紫峰と大峰という品種になります。

 

IMG_4729_R

植える場所を決めたらまずは鍬で最初の土をとっていきます。鍬を使ったほうが草など生えているのを根っこごと引き抜いてくれるのでスコップよりは多少楽です。

それからある程度土を掘り起こした後は、スコップで掘っていきます。

 

IMG_4730_R

掘った穴に栗の苗をいれます。理想的な植え方は単純に苗を植えるだけではなく、鶏糞を入れてそれから土、木の苗を入れてやるのがいいようですが、我が家は栗の苗の力を信じて何もせずに植えつけます。

植える際ですが根っこを少しほどきるのもいいようです。

 

IMG_4731_R

土をいれてしっかりと根っこの隙間にも土が入っていくように出て土に穴をあけるような感じで土を根っこの間にいれていきます。

 

IMG_4732_R

こうして完成~。この後肥料をまくのもいいようですが、今回は時間の関係で後日まくことにしました。

この作業を一日中ずっとやっていきました。最後は足がすこしつかれていましたね~。というのもこの作業をした前の日に山登りにいってきてましたので、まだどうも足に疲れが残っていたようです^^;

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

 

 

 

栗の剪定講習会 2016年 栗の木の剪定は難しい~。

みなさんこんばんは^^

最近、いろんな地域行事やプライベートなどの用事が多くありましてすこし疲れ気味です。2月がこんなに忙しくなるとは思ってなかっただけに予想外は精神的にきついですね。

さて、さっそく本題にはいりますが栗の木の剪定講習会に親が行ってきました。私は所要で昨年同様いけなかったのでかえって親から報告を受ける感じです。

剪定の講習はやはりなんかいいっても学ぶことばかりのようです。写真で記録を残そうと思っても写真だけでは状況がうまくつかめないところがありまして、その場でしっかり頭に焼き付けるしかないようです。

もっともビデオカメラを持っていくと少しはちがうのかもしれません。

剪定というのは面白いもので講習会の時の木をみているとなんとなく剪定の仕方がわかるのですがいざ他の木でやってみようとなるとわけがわからなくなります。

やはり1年のうちのこの時期が選定のメインになるので1年たてば忘れていることが多いのが正直なところです。

もっともっと本を読みこんで現場で学んだことを思い出しながら刷り込んでいかないといけないです。

栗の木の剪定に関しては大事な作業ではあるのですが半人前です。これは本当に皆さんに申し訳ないと思っています・・・。

image (16)_R

毎年、地元の栗農園で行われます。その農園によって特徴もありますので勉強になりますね。

 

image (17)_R

こうやって地域の皆様が栗を育てていっていることに感謝ですね^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

稲田栗農園の様子(2016年2月11日)

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴天でとても暖かい一日になりました。寒い日になったり暖かい日になったりと体にとっては大変な時期ではあります。体が資本なので健康管理になお一層注意していかないといけないです。

 

さて、今日は栗山の様子になります。2月7日日曜日の稲田栗農園の報告です。実はこの日は夜に雪が降って朝方はうっすら雪が残っていた状態でしたが太陽がでてきてすぐに溶ける程度だったので大丈夫だろうと思い、栗山にいってきました。

いざ栗山についてみると

IMG_4544_R

しっかりと雪が残っていました^^;

ただ日が当たっていたところは雪が解けていたので時間がたてば雪が解けるだろうと思い、他の場所の農園にいってみました。

IMG_4552_R IMG_4553_R

もう一か所の農園に行ったのですが、ここもしっかりと雪が残っていました。

ここはあきらめて栗の様子の見回りを行いました。雪が積もっていたので長靴での行動になりましたけど足の指が寒くて感覚が鈍ってきていました。私は幸いしもやけになりにくいのでいいのですが、しもやけになりやすい人はしもやけになるんでしょうね。

この時期は何度もお話したことありますが栗の木の枝などを切り落として木を整える剪定作業が主となりますがこの状態ではちょっときついと思い、この日はしませんでした。剪定できる期間も2月から3月の中ごろまでとなりますのでがんばらないといけません。

 

IMG_4556_R

栗の木には春になると葉っぱを出すために虎視眈々とシーズン到来をまっています。

このぷくっと膨らんでいるのが後に葉っぱとなって出てきます。本当に春がまちどおしいですね。2月がおわって3月に入れば春の足音が聞こえてくるのでしょう。

それまでは冬を楽しんでいきましょう!!

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

2015年12月 稲田栗農園の様子。

みなさんこんばんは^^

今日の日中は晴れの天気になりました。この天気を使って我が家は大掃除をしました。とはいってもなかなか苦戦して一部分しかできなかったんですけどね。午前中はほとんど風呂場の掃除にかかりっきりでした。普段サボっているので黒カビが発生していましてこれがまた取れないもんですね。ひたすらゴシゴシとして腕が腱鞘炎になりそうです。

さて、先週の話になりましてすいません。栗山の様子を掲載するのを忘れていました。

栗山ですがすっかりと葉っぱもほとんど落ちて殺風景な山になっています。これから1月2月とかけて剪定作業(枝を切ってすっきりさせること)が待っています。この剪定作業が上手にできるようになると果樹栽培の半分以上はクリアできたようなものです。

私はまだまだひょっこです。何回教わってもいまいちよくわからないです^^;

ですが今回は栗の木が枯れているところはこのシーズンには草を刈らずにそのまま放置してあったのでそれの草刈り作業をしていまして。

この時期の草刈り作業は夏シーズンとは違って温度が低いため長時間草刈りが可能で作業効率はとても高いです。

黙々と草刈りをしていました。この草を刈っている時間は一人でいろんなことを考えてやっているので私自身は嫌いではない作業です。しかもこの時期はちょうどいい気温なのでひたすら一人いろんな事考えながら長時間やっていましたが、さすがに体が痛み始めたので適当な時間に終わりましたけどね。

IMG_4409_R

栗の木は葉っぱも落ちですっきりしています^^

 

IMG_4412_R IMG_4413_R

この2箇所は草刈り前の場所になります。これを草刈りしますと・・・。

 

IMG_4414_R IMG_4415_R

こんな感じになります。と~ってもわかりにくいですが微妙に木の根元が見えていると思います。これが夏でしたら草が数日で枯れるのでわかりやすいんですけどね。

この作業が終われば次が剪定作業になります。12月もあと少しですね。皆さん頑張っていきましょう!!

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

山口県美祢市厚保 栗農園の様子(2015年(27年)7月11日)の様子

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は朝は雨が少しありましたが昼から天気は回復してきました。明日の天気は晴れの天気なので洗濯物のチャンスですね。その後は台風が接近してきて今週金曜日に上陸のようです。栗が心配ではありますがこればかりはどうしようもないです。まずは家の台風対策をとるとします。

さて、7月11日の話になりますが栗農園にいって作業を行っています。前回と同様に相変わらず草刈りが続く日々です。やっぱり7月に入ってからは徐々に暑くなってきていますね。今回の作業も天気こそ曇りで直射日光は避けれましたが温度は高かったです。

今年の夏はさらに暑くなると思います。体調ちゃんと管理しないといけないです。

草刈りも斜面が中心の作業になりますのでスパイクタイプの地下足袋が大活躍です。この地下足袋ではなく長靴でやっていたら作業効率はぐっと落ちるのではないかと思います。とにかく斜面では踏ん張りがだいじなので長靴だと踏ん張るのですが靴と足がお互いずれてしまうので無駄な力がかかります。

IMG_3393_R IMG_3394_R

草がかなりの勢いで生い茂っています。これを草刈り機でバッサリと切っていきます。

 

IMG_3402_R IMG_3403_R

今回草刈りをしたところは栗の木が枯れているところがおおかったので写真に写っている栗の木は枯れています。

草刈りは刈り終わった後は達成感がありますがそれまでは地味な作業になります。私はこの作業はそんなに嫌いではないです^^

IMG_3404_R

しばらく日にちをあけておくと草が枯れてこんな感じに茶色っぽくなってきます。こうなると見た目も草刈りをしたな~っという感じになります。

 

これが終わったら草刈りはしばらくいいと思いますが、他の場所がだいぶ前に草刈りをしているのでその場所がもう草ぼうぼうになっているのでそちらの草刈りをしないといけないです。終わりのない戦いがんばるしかないですね^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

草刈りの労力を大幅に改善。共立自走式ハンマーナイフモア!!!

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でした。雨が降ると強い雨になるし、晴れれば晴天で日がバンバンあたりますし、体調管理が大変です。人間も大変ですが植物も大変だと思います。共にがんばりましょう^^

さて、今回は、栗山の作業で一番大変なのは栗拾いと草刈りです。栗拾いは売り上げに直接関係してくるので大変な作業でも何とかクリアできますが、草刈りになるとそれをすることですぐに効果が出るわけではないのでどうしても大変な作業に精神的にも感じてきます。

そんな草刈りですがいままではずっと草刈り機を使って汗水たらして頑張ってきていましたが、今回ついに自走式の草刈り機を購入しました。

親も高齢化してますし、私もずっと栗山にいるわけではなく、しかも今回は新しく栗山をお借りしてやってますのでどうしても時間の確保が重要になってきますので、今回こういう決断になりました。先行投資と考えています。

image 336_R

今回購入した「共立 自走式ハンマーモア」です。以前からあったらいいな~っと思っていた品物がついにやってきましたよ。これで労力を大幅に改善できます。今ある農園の中ですべての場所が使用できるわけではありませんが、それでもこれがあるととても改善されるのではないかと思います。

 

image337_R

こんなに草が生えている場所なら通常はかなり時間がかかりますが・・・。

image 335_R

あっという間に終わりました。(ちょっとオーバーにいってますw)

でもまあ気分的にはそんな感じですね。草を刈る速度もやはりこちらの自走式の方が早いですね。通常の草刈り機でもがんばれば追いつけるのかもしれませんが、大変だと思います。

また、自走式を使うメリットは体に負担がかからないという点です。通常だとどうしても体全体を使いながらの草刈りになるので体が疲れてきますが、この自走式ハンマーモアなら押していくだけという簡単な作業になります。

平たい場所ではないので多少のコントロールがいるので腕は疲れるのですが、それぐらいの疲れならいままでのに比べれば耐えれる疲れです。

今後はこのハンマーモアちゃんにがんばっていただくようになります。これからもよろしくお願いします<(_ _)>

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

 

5月中旬 山口県美祢市厚保、栗農園の様子 栗の花のつぼみは何と呼ぶの?

みなさんこんばんは^^

昨日の夜中はとても風が強い夜になりました。おかげさまで少し寝不足になりました~。

今回の台風の影響での風なのでしょうけど我が家も被害を受けています。なんの被害なのかは野菜たちです。

この話は後日できたらと思います。今回は栗農園の話です。

今、栗農園では昨年の記録をみているとだいたい同じぐらいの調子で育っているのかなと感じています。

我が家の栗農園ではまだ栗の花のつぼみがでていないのですが、今年からお借りしている農園の栗の木からは栗の花の蕾が伸びてきています。このあたりは栗の品種によって育ち方の速度が違うのかなっと思います。

P_20150510_101141_R

これが栗の花をつける蕾です。正確には花穂、しかも雄の花なので雄花穂と呼ぶようです。

実はこの伸びているのは雄の花なので雌花が他にあるのですがこの写真にはうつっていないですね。

 

P_20150510_101152_R

もう少し全体が見えるようにとってみましたが雌花がみえませんね。今度しっかり探しておきます。(なんか前回もおなじパターンがあったような・・・)

この時期の葉っぱはとてもきれいな緑で元気がいいです。葉っぱの感じから元気はいいようです。このままの調子でいってくれるといいのですが・・。こんなに栗も元気がいいので、栗の木の下に生える草も元気がいいです。

もう草刈りがはじまりました。今回は栽培面積が広くなっているので草刈りの量も同様に増えてきています。

大変な作業になりますが、気合で乗り切るしかないですね^^

P_20150510_105125_R

 

草がこんなに生えてきています。これからは暑くなる一方なので草刈りもどんどん大変になってきます。

 

P_20150510_155026_R

できる限りでがんばりますが、草刈りはまだまだ続きます^^;

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

 

栗を植えるとちゃんと芽がでるのか? 種から栗を育ててみよう!

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は午前中は曇りの天気でしたが昼からは晴れの天気になりました。

先日、某所で竹林の整備をしていました。この作業は大変ですけど私はとても楽しい作業になりました。やっぱりこういった作業は私は好きなんだな~って常々思いますね。全身筋肉痛になるかと思いましたけど、右腕ののみが筋肉痛になっています。普段使わない筋肉でもつかったんでしょうね。

さて、実は栗を春先まで冷蔵保存していたんですが、ふとした思い付きで栗を植えてみようと思いました。栗を植えて芽を出すとすの栗の木は実際に栗農園でも活用が可能になります。このメリットは大きいので栗の苗を育ててみようと思いました。

まぁこれに気が付いたのは4月に入ってからで、実際には栗を植えるのは春先だと2月中旬から下旬の間になるようでして、また保存状態がいいと3月中下旬でもいいようです。

保存状態といいますと冷蔵保存とはいえ長い間の保存だったので何割かは痛んでいます^^;また保存方法は土のう袋のようなもので保存していましたので徐々に水分を取られていたようなので多少栗が乾燥しています。

ちなみにビニールにいれていた栗については十分な水分を確保できていたようですが、気が付く時期が遅れたためにビニールの中で芽が出て枯れていたようです。芽の出しやすくするには水分の飛びにくいビニール保存がいいのかもしれませんね。ただし腐る可能性はかなり高くなりますのでそのあたりの調整が難しいところがあります。

栗は通常は3~5cmの穴を掘ってその中に栗をいれるのですが、注意は栗の入れ方になります。栗の芽と根っこは栗の先端部分からでてくるので、ベストな入れ方は栗を横にして入れるのがいいのです。

そうすると先端から出てきた根と芽が上下に互いに進んでいくことができますので栗に負担がかかりません。

我が家では栗は横にはしますが半分地面からはみ出すように植えてみました。このやり方栗が乾燥するのであまりいいやり方ではないのかもしれませんが見た感じが栗があるのがわかるのでこれがいいな~っと思ってやってみました。

P_20150504_105110_R

こんな感じで栗が覗いています。植える時期が遅かったし乾燥している栗が多かったので芽がでるかどうかはかなり怪しいところがあります。

が、しかし今回1つですが、芽がでてきたんです。

P_20150504_104757_R P_20150504_104804_R

ピンボケ写真もあります、すいません。栗の横から白いのがでてきていますよね。確信はありませんが、これが芽だと思います。植えてから約1か月でなんとか1本ほど芽がでてきています。

これは大事に育てていきたいと思っています。

今後のこの栗に注目してください^^

 

 
もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ