山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
02月

春の訪れ。サクラをいち早くみれることがあるんですね。

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇りでした。今月もあと数日ですね。逃げるといわれるぐらい早い、2月です。1日1日を大事にしていきたいですね。

さて、今日、すでに桜を見たというお話をききました。桜の開花予想ですと山口県は3月25~30日の間ということなのでとても早い時期に桜をみたということですね。時々、ボケ桜といって季節外れにみることがありますが、そんな感じではないのです。

開花した桜をどうやって見たのかといいますと、あるとき散歩をしていると桜の枝が落ちていたそうです。通常ならそのまま無視していくところなのですが、なんか気になってその枝を持って帰って室内でコップに水を入れてその中に枝を入れて置いたようです。

そうするとだんだん蕾がついてきて、この時期に桜が咲いたということです。折れた枝といえばそのまますぐに枯れそうな感じがしますが、水につけているとしばらくは生きてそして一生懸命生きようと頑張っているんですね。

そんな風に一人で思いながら感動していました。この話を聞きましたので近いうちに桜のある通りをとおって折れた枝でも探してみたいと思います。蕾がついていそうな枝にはなりますけど・・。

春を先取りできるなんてなんかいいですね。

話は栗農園の話になりますが、栗も芽がまだつぼみの段階ですが、大きくなってきました。栗も春を感じているのですね。

もう少ししたらタケノコも始まります。残った栗の作業を片づけていかないといけないです。本当におかげさまで忙しい日々を送っています。

明日はすこし3月の目標でも考えるとします^^

 

image-5_R

ぷっくりと芽が出てきています。もうすぐ緑の葉っぱが覗いてくるのでしょうね。楽しみですね。

 

 
もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

こんなところに鳥の巣が・・・・。(稲田栗農園)

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でした。2月も今週で終わりです。だんだん暖かい気温になりつつありますね。

栗の木も春に備えてゆっくり休眠していましたが、あたたくなってきていますので活動をゆっくり開始しているようです。

それとは話の内容が違いますが、なんと鳥の巣を発見しました。その場所はといいますと、栗の木ですw

栗の木でも低いところに巣を作っているのですぐに発見されます。人間にあっさり発見されるぐらいなので、ヘビなどの天敵にもすぐに発見されるのではないかと思います。

どんな鳥が巣をつくったのかはわかりませんが、こういった感じでの鳥の巣ははじめてのことなので、鳥が実際にいるところを目撃したいな~っと思いました。

栗山は自然がいっぱいです。こんな中で作業ができるのは幸せなんでしょうね。もっとも熊やイノシシ、ヘビなどは勘弁していただきたいですけどね。

 

torino_R

きれいな鳥の巣ですね。そのまま大事にしておきます。

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

 

本を読むときに理解力をあげる方法。

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は雨でした。しかも午前中は風もつよく、栗山での作業はできる状態ではなかったです。やる気十分だっただけにとても残念でした。

さて、みなさんは本を読むときはどのようにしていますか?

つい読むだけの人もいると思います。また、読み終わった後にノートにまとめなどのメモを取る人や大事なページには折り目を付けている人等いろんなやり方があると思います。

私はといいますと、図書館で本を借りたりする関係もあるのですが、黙読して終わりのパターンが多いです。啓発系の本や参考書などはノートに写すこともあります。

私はほとんどテレビをみないのですが、昨日どうしたことか急に子供がが「世界一受けたい授業」という番組を見たいといいはじめたので流し見になりますが、テレビをみていると「本を読むとき理解力をあげる方法」というのをやっていました。

普段から本を読むことが多いのでこのネタは私の興味をぐっと惹きつけましたよ^^

この方法をクイズにして回答者が答えていました。今回の番組のゲストは高学歴の人がゲストということでした。その方はいろんな回答をしていました。「ノートに写す」「メモを取る」「運動しながら本を読む」など真面目な答えから笑いのネタまで多種にわたっていました。

そして注目の答えですが、正解は何か感じたことや何か疑問に思ったことなどを本にメモするというのが答えでした。

本は買ったときからそれはあなたにとって一つのノートだと思いなさいということでした。この方法そういえばずいぶん昔にそういったのが書いてあったのを思い出しました。今回の答えをいったのは東京大学の教授さん。そんなお方がいうのですからまったくの間違いではないだろうと思い。

今後はメモを付けて読もうと決心しました。また同じ本を最低5回は読めというのをどこやらの本に書いてあったのをおもいだしました。

一つの本をじっくり何度も読み直してメモを付けていくことが大事なのですね。

私も挑戦してみます!!

P_20150222_233420_R

まずはこの本で挑戦といいたいところですがすでにメモもしていますし何回この本を読んだことかわかりません。が、しかし何度もよんでメモしてもっともっと学びたいと思います!

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

サクサクなのにクリーミー 明治「ポルテ」ちいさなモンブラン仕立て

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇りのち雨の天気でした。風も強くて洗濯物が強風のせいで地面に落ちていました。明日は春一番が吹くとお天気ニュースではいってましたので風対策が必要です。

さて、春が来ているのですが、すいません冬限定のお菓子の紹介です。

明治さんの「ポルテ」ちいさなモンブラン仕立て というちょっと贅沢な気分を味わえるお菓子です。

この「ポルテ」はいろんなシリーズがあるようでして今回はその中でちいさなモンブラン仕立てということで、はい。当然栗関係になりますw

冬の時期にこのような栗をつかったお菓子はめずらしいのですが、私にとっては大歓迎!!ウェルカム!!です。本当にありがとうございます!!

このお菓子の説明をみて見ますと、

サクサクでコクのある焼き菓子の上に、栗の風味豊かなホイップ・・・。まるでモンブランをそのまま小さくしたような、ぽってりとした可愛らしいかたちと、栗の上品な味わい、今だけの特別なポルテを、どうぞ召し上がれ。

と説明しています。ちなみにプレスリリースですが、このお菓子を紹介してある明治さんのページはこちらです。

なんとターゲット層は40代から60代の女性を中心に幅広くとかいてあります。こういったことが書いてあるのは私にとってはとても勉強になります。たぶんいろんな調査を行ってそのターゲット層をつかんでいるのでしょうから、栗ってどちらかといえばそういった年代の人が中心に食べるんだ~と私には勉強になります。

P_20150221_165050_R

この写真がとってもクリのイメージがでますし、寒い冬にほっとした暖かさも見えて個人的にはとても好きです。

P_20150221_165111_R

中は一つ一つに包装されています。1つ2つつまむのにちょうどいいかと思います。

P_20150221_165134_R

チョコレートとココアパウダーが私を迎え入れてくれます。チョコと栗の愛称はばっちりですが、チョコと栗のバランスがとても大事です。期待でワクワクしています。

 

P_20150221_165206_R

割って中を見ようと思いました。何で割ったらいいのかと一人で考えていました。結論からしてフォークをつかって割ってみました。中は白いホイップ(栗風味)だそうです。

このおいしそうな「ポルテ」をいただきました。薄くチョコレートがコーティングしていますが、このチョコレートがとてもおいしいです。甘さも薄くもなく濃いくもなくいい感じでした^^

そんなチョコレートの中から、ほんのりと栗の味がわいてきます。このほんのり感が絶妙ですね^^

実際のモンブランもこんな感じのが多いですよね。とても参考になりました。

 

㈱明治様 この度は栗を使った商品を作っていただきまして本当にありがとうございました。いつか私たちの作った栗を使っていただける日を夢見て、日々いい栗作りに励んでいきたいと思います!!

昨年よりはたくさんの栗を作りたいですね^^

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

ジョジョリオンに果物の魅力が書かれています!!

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は曇り時々雨の天気でした。今週は雨が多い天気が続きます。こんな天気が続いて週中となるとちょっと疲れがでてきます。いつものことなので慣れてはいるのですけど・・。ゆっくりしたいですね^^

たまにはゆっくりしたいということで久しぶりにマンガを借りて読んでみました。以前はマンガは購入が主体だったのですが、断捨離というのが一時期流行った時にマンガを購入するのをやめることにしました。そして最近ではレンタル本があるのでそちらを利用することにしています。ただ古くてブックオフなどで100円で売られている本は近年購入して読んでしまうことも多くなりました。

家にあった本は今現在1/3ぐらいは処分いたしました。まだまだ処分していかないといけないです。とにかくものをためる癖があるので捨てる癖をつけないといけません。

 

am500_fo036

話を戻しますが、マンガ本を借りて読んだのですが、その借りた本はジョジョシリーズの最新のお話である「ジョジョリオン」というマンガです。

どんな内容なのかとってもとっても簡単に説明しますとWikiから

大震災によってできた謎の隆起物「壁の目」より出現した記憶喪失の主人公・東方定助を取り巻く物語であり、「呪い」を解く物語であるとされている。

本当に簡単ですいません。そんな中で登場してい来る東方憲助という人物。この人果物屋さんなのだが、セリフがすばらしいその内容が

「元気な人にあげられるプレゼントはたくさんあるけど、病人には花か果物しかない」

果物に愛をもっています。そして、女性がウィンドショッピングの後どうするかというのを研究して、ウィンドウショッピングの後には疲れをいやすためにデザートを食べる!という分析をしてデザート屋さんをつくってそこでパフェを提供している。そこで使うフルーツは高級フルーツなのだが、店頭で販売している果物でその売れ残りをパフェに使用しているということです。売れ残りのフルーツは熟成も最高のものなのでこうやってデザートとして食べてもらってもピーク時に近い時期の味を提供できるのでかなりの美味しさを提供できるというすばらしい考え方です。

この考え方はすでに一般的なのかもしれませんが私は感動しました。また一つ勉強になりました。私も栗を生産しているのでこのような考え方を真似したいと思っています。ただ、栗は果物になるのかどうかはわかりませんが・・・。

そんな果物の味方のジョジョリオン私はますます好きになりました!!

今年もがんばりまっせ!!

ちなみに今回のセリフはジョジョリオンの8巻にでているんです^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

果樹の敵「カミキリムシ」 駆除は地道な作業です。(稲田栗農園)

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は、晴れ時々雨の天気になりました。そろそろ畑に植えるものを決めて種を購入しとかないといけないかな~っと思っています。毎年の事なのですが、種を買うと必ず余ります。どなたか一緒に購入できる相手が近くにいればいいな~っと思っています。

さて、冬の作業として剪定という作業がとても大事だというお話を前回にしたと思います。木を元気にするにはやはり剪定が必要。とても根気のいる作業ですが、最低限はクリアしておきたいところです。

それとは別に栗の木を元気に維持するにはもうひとつ欠かせないことがあります。それはなんといっても害虫の駆除です。その中でもとりわけひどいのがカミキリムシです。

IMG_3248_R

以前にも紹介したことありますがカミキリムシです。

このカミキリムシは卵から成長まで何年か木の中で生活するために何年もかけて木をバリバリと浸食し続けます。

対策はとにかく早期発見!なかなか作業の合間でやらないといけないので完全駆除が難しいものです。

ただ見つけ次第駆除に乗り出さないといけません。今回も発見し早期に駆除をしてまいりました。

P_20150201_144102_R

木くずらしきものがでているのがわかりますか?その穴の奥にカミキリムシ(テッポウムシ)の幼虫が入っています。

実際の現場でカミキリムシの幼虫がいるのかどうかを判断するにはこちら

P_20150201_144108_R

木の幹のしたに木くずがつみあがっている状態が発見されるとそこにまだ現役のカミキリムシの幼虫がいるというサインです。木の穴を見つけ次第、針金を入れて突っついて駆除です。

針金をいれるだけでも結構な長さになります。やっつけた感触がわかりにくいので心配な場合にはカミキリムシを退治する薬を残念ですが穴にいれて吹きかけます。

毎日マメに手入れしていると駆除も楽になるんでしょうね。がんばります。

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ
 

冬時期の栗の作業で大事なのはやっぱりこれ!(稲田栗農園)

みなさんこんばんは^^

ここずっとおかげさまで忙しい日々が続いています。これ以上に頑張りたいと思っている日々です。

今日の山口市は晴れの天気でした。昨日は暖かい天気でした。今日も比較的暖かい天気でしたが昨日に比べると寒い一日だったと思います。

さて、冬時期に栗の作業といえばやっぱりこれです。このシーズンのブログ記事をみているとこの記事は必ず掲載しています。その作業とは・・・

「剪定」です。栗の木を切る作業です。栗の木を切ると聞けばなんか悪いことをしているイメージがつきますが、もともと自然にあった木ではなくそれなりの水準を超えた栗をみなさんに食べていただきたい。そんなことから栗の木を切るという作業が必要不可欠になります。

剪定を行うと栗の実が大きくなったり、たくさん収穫できたりとメリットだらけです。はっきりいってデメリットがあるのだろうかと思うぐらいです。

ただこの剪定は木を切るだけなのですがとても奥が深い、切り方が何とも難しいのです。

基本的な切り方があるのはあるんですが、なかなかその理想のようにいかないもんです。この枝を切ったらこの枝がどうなるなどと、独り言をぶつぶつつぶやきながら切ることがほとんどです。また、一緒に切る相手がいた場合はお互いがどの枝を切るか話し合いになりますが、なかなか結論がでないです。どちらかが切りたい枝をきるのにそっと背中を押してあげないと実行に移せないです。

気が弱い二人が背中を押しあって現状では栗の木を剪定しています。

P_20150201_144506_R

このきり口はチェンソーでやっています。残念ならが上手に切れてはいません^^;

なかなか難しいですね・・。

きり口にはきちんと薬を塗ってそこから菌が入って枯れないようにします。

この作業は枝でも大きな枝のみを切るのは簡単ですが、それから先の作業で細い枝を切って栗の木を整える作業もあります。これが手間がかかって大変です。とくにこの小さな作業は老木になれば特に必要な作業になってくるでしょう。

まだ、稲田栗農園は木が若いので細い枝を切り忘れていてもなんとかカバーできる状態です。この作業が今年の秋の栗の収穫量や大きさがきまってくるのでしっかりと取り組んでいきたいと思います^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

2月は栗山でこんな作業をしています。果樹は管理が大事!!

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れのちくもりでした。今は2月ですが来月は3月で3月末にはなんと桜の季節になるんですよね~。そんなことを考えているとなんだかワクワクしてきました。

さて、今はまだ2月です。2月に栗山でやることは実はけっこうあるのですが、今回はこの作業をしています。

P_20150201_123039_R

番号札です。

昨年の1月や2月の作業をみて見るとだいたい同じことをやっています。果樹の栽培は1年を通して昨年とやることはだいたい同じです。この同じ作業をいかに効率よくやって効果をあげていくかが栗栽培の目標になります。本当にその瞬間が今年の栗を決めていっていると感じています。

緊張感をもってやっていかないといけないですね。

さて、話がそれましたのでもどしますが、この番号札ですが昨年の1月にブログで記事を書いています。(過去記事→25年1月初旬山口県美祢市厚保の厚保栗(栗山)の様子

この時に作成した番号札ですが、番号札自体は残っていて問題はなかったのですが、番号札をとりつける結束バンドですが、細いのをつかったのが悪かったのか、ずっと外にあると劣化するようでして、バンド自体がぼろぼろになってバンドが解けたりして番号札が落ちていくんです。

P_20150201_121123_R

下に落ちています。おまけにこの番号札に関しては番号が消えてしまっています^^;

そこで今回は結束バンドではなくスティールの針金をつかって番号管理を行うことにします。これならさすがに劣化して壊れることもないのではないかと思っています。

P_20150201_144517_R

針金をつかって番号札を固定しました。これでしばらくは持つのではないかと思います。

今回番号は新たに作成して一からのスタートでした。まだすべての栗の木に番号札を取り付けていないのでいまからまだ作業は残っていますが、じっくりやっていきたいと思います。

農業をやっていらっしゃる久松さんは野菜栽培の記録などをパソコンで管理しているようです。パソコンで管理すればいつでも確認できますし、昨年のデーター等もすぐに検索できますのでいろんな面で役に立つシーンが多いと感じていますので、私もできる限りパソコンで管理していきたいとおもっています。

学ぶことがまだまだあります。がんばりますよ^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

 

JA全中(=全国農業協同組合中央会) 農協改革案を受け入れ!

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れのち雪の天気で風も強く寒い一日になりました。この土日は体をずっと動かしていたために今日は体のあちこちが痛いです。昨日もハードな一日だったので明日はさらに筋肉痛が襲ってくるかと思います。

さて話が変わりますが、この数日間の動きで農協改革が急ピッチで進んでいます。そして、政府の農協改革案をJA全中が受け入れたとのこと。

週末から忙しくて新聞やネットを見ていなかったのでこの情報今日知りました。

全体の流れを見ていないで新聞しか読んでいないので何とも言えないのですが、いろんな条件と引き換えに受け入れた感じはありますね。いずれにせよ、JA全中の力があまりなくなるのは感じました。

これが今後どのようになるのかはわかりませんが、一つの大きな変化が生まれてくるのではないかと思います。地方の農協さんがどのような活動をしていくかで地域の農業は大きく変わってきますね。

この農業の分野は農協さんがもっとも大きな団体です。その他は大きなライバルはほとんどいないのではないでしょうか。それだけにこれからの流れにどのようにのっていくのか興味があります。

私が栗を栽培しているところにも農協さんはあります。そこの農協の方々がいまからどんな戦略をしていくのかはわかりませんが、頑張ってほしいですね^^

私もがんばります!!

ちょっと体が痛いので短文で失礼します<(_ _)>

 

JA

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ
 

東京和栗の旅 ~和栗のモンブランを探して~

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でした。地域の活動をして子ども達とひたすらドッチボールをやっていました。久しぶりのドッチボールはとても楽しく大人げないプレイをたっぷりいたしました^^

さて、先だって東京のお話をしましたが、今回はその続きになります。

東京は本当に人の多いところですね。子供には「東京はここ山口のお祭りの時に人が集まるぐらいの人が普通にいるよ。毎日が祭りだね。」といっています。人が多いので逆に人目が気にならなくなるという恐ろしい現象がおきてきますw

今回東京で和栗スィーツを探しにウロウロとしたのですが、今回は思い切ったことをしました。なんとホテルニューオータニへ向かいしました。こういったホテルにはまったくご縁がないのでいったいどんなホテルなのかもわからず、地図をみながら向かいしました。

このホテルに目指すものは何なのかといいますと、和栗をつかったモンブラン、なんとスーパーモンブランなるものです。このスーパーモンブランはお値段なんと1800円です。

私は不覚ながら、すき屋さんの牛丼が何杯食べれるか計算してしまいましたorz

そんな超高級品のモンブランとの出会いを求めて、ひたすら歩き続けました。

P_20150130_122303_R

あいにく当日は雪が降っていました。なので道はシャーベット状になっていましたので、長靴など履いていない私にはかなりきつい旅になりました。

 

P_20150130_123052_R

ホテルニューオータニです。なんかとっても大きなホテルで緊張しました。

 

P_20150130_123039_R

なんと歩いてホテルに行く方には道に滑り止めとしてか藁がひいてあり、こんなところまで気配りをするんだ。すごいな~っと一人で感心していました。この藁の上をビニール傘をさしながら場違いな私は歩いていきましたよ^^

P_20150130_124418_R

ホテルは外人の方も多くまさに私にとっては見ることのない世界でした。自分の格好はどうみてもこの世界に釣り合わない人でした。しばらく館内をウロウロしたあげく、レストランに入り、前回同様、飲み物頼まずのモンブランのみの注文になりました。これがでてきたときの噂のスーパーモンブランです!!

大きさは一般的なモンブランと変わりはありません。ホテルニューオータニではこのスーパーモンブランの紹介はこう書かれています。

和栗本来の美味しさを最大限に感じていただきたい!と栗本来のほっこりした味を存分に感じていただけるよう、細部にわたり試行錯誤を繰り返しました。
土台の部分は、オーストリアの「リンツァートルテ」にヒントを得て、こだわりの「玄米卵」、雑穀ブレンド(稗・粟・赤米など)とアーモンドミルクを加え、しっかりとした味に調えたオリジナル生地“リンツァーシリアルトルテ”を。
その上には「自家製黒蜜栗羊羹」、「藻塩」、「栗の甘露煮」、「アーモンドミルククリーム」を積み重ね、最後にそれらを、兵庫県三田地方の「和栗」(丹沢種、銀寄種、人丸種)のペーストで優しく包み込みました。 (和栗は3種の中から、その時期に一番美味しいものを使用する為、時期によって異なります)。 最上部には、金箔を貼った正方形のチョコレートが鎮座しています。
一層一層緻密に計算された“スーパーモンブラン”は今年もスイーツファンを魅了することでしょう。

 

では「みせてもらおうかスーパーモンブランと名の和栗の味を!」ということでいただきます!!

P_20150130_124704_R

モンブランがねっとりとフォークに絡んできます。とても濃厚なクリームです。このスーパーモンブラン、栗のペーストがギュッと詰まっています。そう、おにぎりのような感じでギュッと詰めています。

P_20150130_125227_R

ペーストとクリームの比率も完ぺきなモンブランです。栗羊羹とありましたが外郎みいな感じでもちっとした感じがありました。私はごく普通の羊羹しか食べたことないからこれが本当の羊羹なのかもしれませんが・・。

たくさんの味が詰まっていました。このスーパーモンブラン食べてると、一つ一つが独立した味になっているので味をたくさん楽しむことができました。いいものをいただきました。

栗のペーストがとても多く最後はちょっと胸焼けが起きましたが、とてもおいしかったです。なかなか味わうことができないこのスイーツごちそうさまでした。

ホテルニューオータニ様、この度は栗を使った商品を使っていただきまして本当にありがとうございました。いつか私たちが作った栗を使っていただける日を夢見て、日々栗の栽培に励みたいとおもっています。

東京でも栗が愛されていることを確認しました。元気いただいたのでがんばります!!

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ