山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
馬・午の慣用句、ことわざを使った文章を作ってみました^^

馬・午の慣用句、ことわざを使った文章を作ってみました^^

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴で比較的暖かい天気でした。真冬の感じがしない状態ですね。これではスキー場は大変ですね。私も雪が降った時には子供でもつれてスキーでも行きたいと思っています。

さて、今日は新しい年になって干支も午ということで、馬・午にちなんだ慣用句・ことわざなどをつかって文章を作ってみました。即席で作った文章なのでこの意味がちゃんとうまく使えているかどうかはわかりません。そのあたりは笑って許してくださいね。

でははじまりはじまり

昨年の秋は馬肥ゆる秋らしいものもなく終わり一気に冬が来たような気がします。今日はちょっと行った先で雪が降って積もっているようで馬の背を分けるような天気ですね。

今でこそ馬齢を重ねることもなく人から、追いたる馬は道を忘れずとか嫌みなのか褒め言葉かわかりませんが、名馬に癖ありとか生き馬の目を抜くとか言われています。こんな私ではありますが、若い頃には私も人生の成功に焦って、意馬心猿が働いていまして、あるときにどこの馬の骨かもわからない一人の男とウマが合いまして、うまい話をもってきたんです。周りの親友からはウマに乗るとも口車に乗るな牛も千里、ウマも千里と言われたんですけどね、肝心な私は親友の忠告にはウマの耳に念仏、馬耳東風でしたよ、逆にその親友達に馬には乗ってみよ、人には添うてみよと言い返したぐらいです。結局その男の尻馬に乗っちゃいまして、そのうちその男、馬脚をあらわして、そりゃー痛い目に遭いました。

それからは私ともて反省しまして、駑馬に鞭打っ馬を牛に乗り換えたり、牛を馬に乗り換えたり汗馬の労をしてここまでウマくいくことができましたよ。本当にあんな事がなければ今の私はないでしょうね人間万事塞翁が馬ですよね~。

私の嫁は、つきあい始めて知ったのですがこれがじゃじゃ馬でして、鹿を指して馬となすみたいなことを平気でするんですよw そんなことばかり言うとあとで何言われるかわかりませんので、褒めることも忘れずにいいますが、結婚式の時の衣装をつけた嫁はとてもきれいだった、ほんと馬子にも衣装とはこのことかと思いましたね。あれ、褒めて無いような気が・・・。ウマくいきませんでしたね。これからも夫婦人馬一体、どっちが馬かは想像に任せますが、これからも宜しくお願いします。

ちゃんちゃんっとこんな感じで仕上がっています。まだまだことわざ・慣用句があるかもしれませんがこれが限界です。

ここに出てくる馬に関する慣用句等の意味は次の機会にしたいと思います。なんせこれに時間かかりましたから疲れましたw

ではでは

 

e0079

今年はいろいろとウマくいきますように^^

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ
 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。