山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
今年の大きな栗はどのくらいの大きさでしょうか?

今年の大きな栗はどのくらいの大きさでしょうか?

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は晴れの天気でした。ここ数日ですっかり秋の空気になり朝晩はとっても冷え込んで体調管理に気を付けないとすぐに風邪をひきそうな感じです。

そんな秋の感じがする中ですが、栗の収穫は真っ盛りで暑さすら感じます。実際にはピークは過ぎたのかなと感じますがまだピークに近い水準にいるので毎日がてんやわんやな状態で、注文いただいたお客様にはご迷惑をおかけしています。

栗の作業の工程で、栗拾いも大変な作業ではありますが、その栗を持ち帰って虫くいなどをのけていく作業の選定作業がまっています。

これは前回も書きましたけど栗を一つずつタオルで磨いて傷や虫などを確認作業になるのでとにかく根気のいる作業になります。2時間以上やっていると目が疲れてくるし精神面でも疲れてきてどうでもよくなってくることがありますので本当に根気のいる作業です。

これがとってもメンタルを鍛えるのにいいトレーニングになりますのでみなさんもどうですか?w

Jpeg

栗の選定作業風景です。栗の数はあらかた片付いた時の写真です。ここで大きさ、傷、虫食いなどを選んでのけていく作業になります。

さて、今年は晩生の栗が品種を問わず一気に落ちている状態で、品種わけも難しいのが正直なところです。天候不順が原因なのかもしれませんが、本当のところはわかりません。

そんな状態なので晩生の厚保5号という品種の栗が落ちるわけですがこの栗はとっても大きな栗なのが特徴です。

そんな栗ですが今年の中では一番でかいのではないかと思われる栗を拾いました^^

その重さなんと76gです。通常は25gなどが全国では標準ではないかと思いますがなんとその3倍になっています!!

 

Jpeg

76gはとっても珍しいのではないかと思っています。でも案外と普通なのかもしれませんね。

 

 

Jpeg

二つ合わせて150gです。これは大きいです。

さて、この栗をどうしようかと今現在思案中です^^

その前に栗の選定作業を終わらないと何もできないですね^^

がんばりますよ~^^

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメント

  • 池田英史 より:

    一粒76㌘は、全くもって脅威です。大きさでは秋田県の西明寺栗か山口県の岸根栗が群を抜いているかと思っていましたが、貧弱な?、私の常識が塗り変えられました。
    栗の風味とかは、いかがなねでしょうか?
    是非とも渋皮煮に炊き上げてみたいものです。

    栗の選定作業、大変なのですね。
    先週、貴園から送っていただいた3㎏、ひとつたりとも虫喰いや傷みがありませんでした。
    その背景には皆さま方の相当なご苦労がありますことを改めて肝に銘じて、渋皮煮の炊き込みに精を出したいと思います。

    皆様、いつもありがとうございます。

    • こんかん より:

      池田様 
      コメントありがとうございます。
      このサイズがたくさんあればまた面白いことができるのでは?と思いますが
      数的にはとっても少ないので最終的にはほかの栗と一緒に出荷している感じです。
      なんかもったいない気もしますが、悩ましいところです^^
      ぜひこの大きさの栗を使って渋皮煮を作ってください^^

  • 池田英史 より:

    会社からの帰りです。

    稲田さまの栗で拙作、栗の渋皮煮を炊き上げることを楽しみに、今週も毎晩10時過ぎまで働きづくめました。

    細君からお願いしていた栗が届いたとの連絡。
    これから帰宅してから取り組みます、厚保5号を使っての栗の炊き込み、腕が鳴ります。
    私の心持ちで、稲田さまの手塩にかけた愛栗を炊き上げさせていただきましょう。

    栗の向こうに見える、皆さま方の未知の笑顔のためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください