山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
20日

3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 「スモールハウス」/高村友也

みなさんこんばんは^^ 「こんかん」です。

今日の山口市は曇り時々雨、夜から雨となっています。気温もちょっと下がっていますが、以前ほどの寒さではありません。この調子だと明日は栗山はいけないかな~。

さて、雨の日は読書ということで、この本を紹介

IMG_2803_R

3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 「スモールハウス」/高村友也

 

みなさんは一度でも小さな家に住みたいと思ったことはないですか?小さな家で必要最低限なもので暮らしていく、そんな生活です。便利な世の中になれている現代の人々には、興味があるけど続けるのは無理かな~って思われる人は多いかもしれませんね。

この本の著者、高村友也さんもわずか3坪の家で生活をしている一人です。家は2.3m×4.2mという非常にコンパクトな家になっています。う~んだいたい6畳ぐらいの部屋を家にした感じですかね~。

本を読んでみると大きな家って必要なの?っていう話が随所にでてきます。何点かあげてみますと、

つまり大きな家というのは、毎月必ず出ていく固定費や、定期的にしなければならない雑用、いわば固定労力を、とんでもなく増やす。
仕事大変だけどローン払わなきゃいけないし・・・とか、日曜日はゆっくり寝ていたいけど部屋の掃除と庭の手入れをしなきゃ・・・とか、これって誰がどう考えてもおかしい。家って雨風しのいで安全快適に寝るための道具じゃなかったのか?いちいち洞窟を探さずに、自由と安全を確保するための空間なんじゃないのか?–略—
大きすぎる家屋は、家というより、債務者の監獄だよ。

確かに、家を買うことによってそれを支払うだけの労働時間を考えると膨大な時間になりますよね。それをほかの事にあてれるようにすればどんなに自由だろうと考えると、ちょっと考えさせられますね。

このスモールハウス、ガス代や電気代や水道代はどうするの?という疑問が出る方もいるかもしれません。電気については太陽光発電を利用している人は多いようです。ガス、水道はいれていたり、入れてなかったりです。これで年間の生活費等は100万円ぐらいで済むというからまたすごい。確かにその程度なら無理せずにいけるかもしれません。

この本はスモールハウスを通して、経済的な面、環境的な面、時間的な面のメリットを上げていて、ごもっともと思わせるところが大変多かったです。

私は最終的には、スモールハウスみたいなところに住みたいですね。非常にシンプルな暮らし憧れですが現実的には厳しいもんと思っていました。しかし、この本を読んでみて、こういったシンプルな暮らしもできなくはないんだと感じることができました。

きっと私が独身だったら6畳のアパートでシンプルな暮らしをしていた可能性があります。ただ一つ私の欠点は、モノを簡単に捨てないところです。ついつい後で使えるかもとモノを保存しておく癖がついています。これさえできれば、スモールハウスでいけるかも・・・。

今はまだ子供はいるのでそういった生活は難しいでしょう、まぁ子供の手が離れていったとしても、こんなスモールハウスを建てると近所からおかしな目で見られる可能性が高いので、やっぱ無理かな~。

いっそ栗山に建ててみるのもいいかもしれないですね。

そんなスモールハウスの本。この物的が豊かなになった時代にちょっと待ったと思わせてくれるそんな本です。

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ