盲人マラソンランナー道下美里さんの講演を聞きました。

みなさんこんばんは^^

今日の山口市は快晴いい天気でした。昨日は午前中は農園におじゃましていましたが、昼からは何をしていたかといいますと、子どもが通う小学校で講演会を聞く機会がありましたのでそちらに参加をしていました。

講演者は道下美里さん。山口県下関市の出身で現在は福岡に在住していらっしゃるとのこと。私ははずかしながら道下さんについては地元のトヨタカローラ山口のCMにでている人ぐらいの知識で、いったいどういったお方なのかはほとんど知りませんでした。道下さんのお話が聞ける。いったいどんあお人なのかどんなお話をされるのか、非常に興味をもって参加をしました。

am500_sc028

 

まず最初に見たときの感想は申し訳ないですが小さい人だ~っと思いました。割と近くからみることができたのですが、最近メガネがあわなくなってきているせいか、お顔はっきりと見えませんでした。

それから始まったお話、最初は目が見えないことについてお話をされて、目の見えない生活、普段はどういった感じで道をあるいていらっしゃるのかとかお話されました。

私はその話の中ででてきたユニバーサルデザインというのを、恥ずかしながらすこし勘違いした知識をもっていました。今回よくわかりましたのでもう間違えることはないです。道下さんありがとうございます^^

そして目が見えなくなってから現在のランナーとして頑張っているお話を聞きました。昔は目が見えていてだんだん目が見えなくなるということは、とてもつらいことだと思います。現に私が同じ状況になったとこに前も向いて明るくいけるのかといわれればできないかもしれません。それぐらい精神的にはとてもつらいものがあると思います。そんな困難を乗り越えてきた道下さん。改めてすごいなと感じました。

そんな道下さんですが、いまでこそ盲人マラソンランナーで日本新記録保持者でロンドンマラソンでは弱視クラスで2位ととてもすばらしい成績をのこしていますが、マラソンに出会うまではなんもとりえのない普通の人だったとのこと。それを聞いて本当に人の才能というのはどこで開花するのかわからないんだな~っと。日本の社会はまだまだ閉鎖的なところがあって一つの組織に入るとそこでの活動がずっと続くことが多いので才能の評価はその組織の中で完結してしますところがあるから、なんかもったいないな~。もっと流動性のある世間になる必要もあるのかな?なんて一人で思っていました。

最後の道下さんのお言葉で小学生の子供たちに3つの事を忘れないでねと言われました。

一つ目は「夢をもつこと」。夢を持てばそれに向かって邁進することができる。頑張ろうって気になれる。

二つ目は「あきらめないこと」。あきらめるとその先に待っている努力が実った姿をつかみ取るチャンスも逃してしまう。それは非常にもったいないこと。

三つ目は「感謝」。こういったランナーとしての成功もすべては周りの人たちのおかげ。支えてくれる人がいなければ今の私はない。その感謝の気持ちは忘れない。

そしてこの3つの事ですが普段当たり前のことです。だけどこの3つがとても難しい。みなさんこの3つのことを忘れないでがんばってくださいと言われて講演を締めくくりました。

本当にいいお話でした。こんなお話を聞ける環境にある自分は幸せ者だと思いました。為になるお話をしてくれた道下さんに感謝。またこういった講演をダンドリしていただいた方に感謝。

私の中で道下さんの言葉で刺さったのは、「本気で努力すれば本気の人が集まる」という言葉。宙ぶらりんの状態の私にとてもとても刺さりました。その言葉承ります!!

昨日はそんないい1日でした。道下さん、11月9日に行われる福岡マラソンに出場されるようです。私も微力ではありますが応援します!がんばってください。私もがんばります!!

道下美里さんがでているトヨタカローラ山口のCMです。

 

 

もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ