山口アグリカンパニー稲田栗農園(厚保栗・竹)

稲田栗農園は栗(厚保栗)と竹を専門とする農園です。

TEL090-9462-7489

〒753-0852 山口県山口市黒川938


稲田栗農園
2019年(令和元年)7月初旬のいなだ栗農園の様子

2019年(令和元年)7月初旬のいなだ栗農園の様子

みなさんこんばんは^^

久々の投稿になりました。習慣が崩れるともとの習慣に戻すのにこんなに苦労するのかと痛感しています。

栗農園は相変わらず草刈りに追われています。そしてこの時期は梅雨時期ということもありましてはっきりしない天気が続いています。

地面が濡れている場所での草刈りは危険が伴います。また湿度が高いためとても暑さを感じて汗が止まらない状態です。体調を整えていかないといけないと感じています。

さて、7月初めのいなだ栗農園の様子なのですが栗もしっかりとイガがわかる状態にまで大きくなってきました。大きいのでテニスボール程度小さいのはピンポン玉程度と順調に育っています。

昨年も同じような状態だったかと思いますが問題は梅雨明けからの夏時期の熱波です。昨年はとにかく暑かった。その暑さで栗も参っている状態で大きな成長が望めませんでした。

地球温暖化は将来的にはこの美祢の地では栗の栽培ができなくなるのではないかと思うぐらいです。

今現在も理想の栗に達していなく悩むことも多いですがまぁあれこれ考えてもしょうがないです。

色んな人と会う中で栗好きの方に出会うときは一番うれしいですね。その時は栗話でとても盛り上がります。そしてその人の為にも頑張らねばと思っています。

色んな人に支えてもらいながら続けることができることに感謝です^^

栗のイガの様子も悪くないです^^

葉っぱの様子もしっかりしています。このまますくすくいってほしいですね。
しかし草刈りはまだまだ続きます。体力勝負ですね^^;

 
もしよろしければぽちっとお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜農家へ
にほんブログ村

農業・畜産 ブログランキングへ

« »

コメント

  • 池田英史 より:

    永らくご無沙汰しております。
    関東は長梅雨の影響で露地ものの夏野菜の成育が芳しくなかったように感じております。
    ここのところ7月からこの時季に掛けまして山口のお天気を気にするようになりましたが、懸念された豪雨や台風が直接に襲った気配もなかったようで、安堵しております。ただ残暑はキツかったようですが、今年も無事に収穫の時期を迎えられそうでしょうか。
    今秋も稲田さまの収穫の報を楽しみにしております。

    • こんかん より:

      池田様
      いつもお世話になっております。
      今年の栗は昨年と似た感じで前半は小さめなのかと思っています。
      今から中生晩生と大きくなる栗をお渡ししますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください